Pocket

知的資産経営の先駆者、K先生のセミナーは刺激的なものでした。

  • 中小企業庁は語れる経営者にしか(補助金等の)支援しない→財務・会社のビジョン・理念
  • 行政書士は経営者の支援者・伴走者→上からのコンサルではない
  • BtoS(ビジネストゥスモール、ビジネストゥソサエティ)→行政書士が付き合う経営者の大半→窓口=決裁者
  • 行政書士に頼むことは消費ではなく、投資と思ってもらう
  • 行政書士事務所論→特殊性・付加価値・ビジネスマッチング(繋ぐ人は強い)・自転車(近くにサッといけるし、行こうと思えば遠くまで)
  • 行政書士を売るのではなく、人を売る
  • 気がついたら知的資産経営→最初から知的資産経営の説明から入らない
  • ◯ここは微妙なところ。うちはしっかりうたってます・・・熟考。
  • 知的資産経営ではない経営はない←→知的資産の活用がない支援はないセミナーの最後に、K先生から「先輩からの忠告に従わない3つの理由」を教えていただきました。K先生は、行政書士の底上げ・ノウハウは言った時点で古くなる・(人に言うことで)自分なりに消化できる業界愛と共に、自信の表れが感じられました・・・すごい!K先生をはじめ、セミナー主催の支部会の皆様に感謝いたします。
  • ありがとうございました!
  • あっという間の3時間でした。
  • の3つの理由でノウハウを惜しまないそうです。
  • その忠告とは、「ノウハウの出しすぎ」だそうです。
  • ◯仕事の依頼から、少しずつ知的資産経営を経営者の方に分かって頂く。これは理想形ですね。